みなさんお元気で!


by w-moto

PBP2011勝手に応援隊

皆様お久しぶりです。
2011年PBPへ参加するためには
今年3,200kmを走るという関門ができたりして・・・
たくさんの方が関門に挑戦されているようですね。

幸運にも2007年PBPに関門なしで参加でき、楽しい思い出を綴った私たちのブログ。
3年間クローズしていましたが、、再び公開することにしました。
私たちも、PBP参加にあたっては、たくさんの方から情報やアドバイスを頂きとても嬉しかったです。今でも思い出すと胸がいっぱいになります。
このブログの情報がPBPを目指す方の何かの参考になることを願っております。
PBP2011を目指す皆様、
1年間、アクシデントなくブルべを楽しみPBP参加を成就されますように祈っております。
秩父の空の下で、勝手に応援しています。
(リンク切れ等不備が多くなっているブログでごめんなさい)
W-moto 2010年4月11日
[PR]
# by w-moto | 2010-04-11 20:17
ありがとうございました。
 
長い間、たくさんの方に応援いただき、私たちの思い出あふれるブログ・・
・・そろそろ区切りをつける時期かなと・・

またどこかでご一緒できることを楽しみにしています。
[PR]
# by w-moto | 2007-10-12 21:27
今、読み返してもすごいなーと自分で思います。
このブログ最初の投稿です。
================
初めて、ブルベというものを観戦(?)した。草サイクリストの私には長距離にこだわるおじさんたちの気持ちがよく理解できなかったが、パリへいける!と聞いて気持ちが動いた。まさかツールドフランスへの参加は普通の人では無理でも、PBP・"パリ~ブレスト~パリ・ランドヌールへは参加できるチャンスがある!フランスを世界の自転車好きと一緒に走れる♪
これはすごい!
私の考えはもっとすごい!
私が走るのではない、もっちゃん(夫)にPBPを目指してもらう!他力本願。
どう考えても私に参加資格600キロメートル完走なんてできるわけない(車の運転だってこんなに長くできない)
でも、もっちゃんが行けば私もパリへいける!
幸い、近くにブルベに燃え始めたおじさんたちがいる。
切磋琢磨すればみんなで一緒にいける!
一応、このレースの過酷さを知るために私もチャンスを作り200キロには挑戦するつもり。

CP2(セブンイレブン秩父長瀞店)でブルベの世界では有名そうなスタッフの泉さん、白木さんにもお会いできて、パリブルベの様子も教えてもらい、気持ちは固まった。もっちゃんにパリブルベへ参加してもらおう!
そして、♪二人三脚でパリブルベ♪のブログを作ってしまいました。
まだ200キロも走っていないのに(笑)
7000メートル峰を登れる心肺を持っている彼なら行ける!
信じるものは強い♪強く願えば思いはかなう♪ 2005年3月15日
===========================

おかげさまで、私たちの「二人三脚でパリブルベ」は無事完結しました。
PBPを二人一緒に参加を狙ったこともありますが、終えてみると一番いい形で完結できたと思います。
楽しい3年間でした。続けてきてほんとに良かったです。
もっちゃんゴール後、埼玉ジャージのだるまに目を入れて泉さんが一緒に祝ってくださいました。すばらしい思い出です。

皆さん、ほんとうにありがとうございました。
このブログを楽しく終わらせることができて私たち本当にハッピーです。

ブログ更新は今日で終わらせていただきますが、自転車にはまだまだ二人で乗り続けます。
どうぞ、これからも一緒に走ってください。
みなさん、秩父の峠目指して走ってきてくださいね。w-moto


*******************************************
*******************************************
☆PBPオフ会日程決定です♪

PBP行った人、行かなかった人、走った人、応援した人、4年後目指す人目指さない人、ブルベ好きの方なら誰でも参加OK。

9月29日(土)~30日(日) 1泊2食飲み物付で会費2000円です。
場所はもちろんMotohouse♪

オフ会でも走るか?って?・・・あたりまえでしょ。

29日の夜はいつものように格調高いパーティ(宴会ではないですよ)。
寝るところは・・・どうにかなります。参加人数で考えましょう。
パーティだけ参加もちろんOK。
詳細は後ほど・・・・。

参加申込はKazu@Mへ直接メールでお願いします。
メールアドレスわからない方はパン教室HPから入ってくださいね。
走るの希望か?パーティだけ希望か・・・これも書いてくださいね。(アバウトOK)
では、29日皆さんとお会いできるのを楽しみにしています。
***********************************************
***********************************************
[PR]
# by w-moto | 2007-09-10 00:34 | 2007PBPレポート

PBP思いつきスナップ

d0002642_23504044.jpg
大きすぎたバス・・PCルディアックで駐車場探しに困りましたね・・・
いろいろ問題もありました・・・寝る場所のトレーラーの中でバススタッフがバーベキューを始めてしまったのでへたくそ英語で怒鳴りましたっけ。
でもPBPの思い出を沢山積んでいる懐かしいバス。
d0002642_23455099.jpg
同じサポートバスでもこちらのお国は個室テント付
d0002642_23375655.jpg
ルディアックの仮眠場・・まだ誰も到着していません。
d0002642_23383219.jpg

ルディアックPCの食堂、おいしそう!
d0002642_2340546.jpg
仮眠後雨の中出発準備をするもっちゃん。1200キロの後に600キロがあるんだから体力残しといてね・・・他力本願妻を持つとほんとに大変・・・
d0002642_234225.jpg
ルディアックPC・往復の選手が入り混じってきたので、間違わないようにスタッフは大きな声で
パリ?ブレスト?・・・と問うと
ホテル!(笑)と言う声も結構ありました。ほんとにホテルのある街のほうへ走っていきました。
d0002642_23483185.jpg
まだゴール者の少ない体育館。ここへ寝袋を持ってくれば早い時間でも家族はゴールを迎えることができたんですよ。
知らない私はゴールのところへテントを張って待とうかと真剣に考えていました(笑)
d0002642_2341213.jpg

パパのゴールを待つ家族。こちらまで嬉しくなります♪
d0002642_23461920.jpg

最後パンクに泣かされたもっちゃん。何とかゴールしたが仮眠して帰ろうとしたら空気が抜けています。もうパンクをチェックする気にもならないので、サンカンタンから電車でホテルへ帰りました。
フランスは自転車をそのまま電車に乗せられるので便利。
[PR]
# by w-moto | 2007-09-09 23:51 | 2007PBPレポート
d0002642_2255999.jpg
詳しい歴史は知りませんが、自転車乗りにとってはこの海の道を走れるのが最高♪
人気の観光地ですから、自転車乗りは朝か夕方がベスト。
d0002642_230519.jpg

d0002642_2256041.jpg

中には門前町もある。
[PR]
# by w-moto | 2007-09-09 22:59 | 2007PBPレポート

コントロールポイント

普段の顔に戻ったPBPコントロールポイント。覚えていますか?
d0002642_22321250.jpg
BREST
d0002642_2232262.jpg
CARHAIX
d0002642_22324082.jpg
LOUDEAC
d0002642_2234575.jpg
TINTENIAC
d0002642_22422114.jpg

VILLAINES-LA-JUHEL
d0002642_22342066.jpg

MORTAGNE
d0002642_22343656.jpg

DREUX
d0002642_22344932.jpg

SAINT QUENTIN EN YVELINES
[PR]
# by w-moto | 2007-09-09 22:35 | 2007PBPレポート

フランスの田舎

今回のPBPは雨模様で参加者を苦しめたようですが、穏やかな天候のPBPルートは楽しい!の一言に尽きます。
美しい景色があふれています(同じ景色ばかり・・・と言う人もいるようですが・・・)
4年後参加しようと思っている方の楽しみを奪わないように、今回のツーリングの写真はチョットだけ公開にしましょう(と、いうより大きな景色で私のデジカメと腕では上手に撮れませんでした)ぜひ参加して本物を見てきてください。

私達はフランス語はボンジュールとメルシーしか言えませんが、田舎ツーリングでも英語で意思伝達できました。
英語を少しでも話せるフランス人はむしろ英語で話をしたがっている感じでした。
私たちのようなへたくそ英語を相手に話すのは彼らにとって気楽なのかも。
フランス語だけでも身振り手振りハートで言いたいことは分かり合えるものです。
でも、フランス語が話せたらもっともっと楽しいツーリングだったでしょう。
d0002642_14564766.jpg

kazu@Mでさえもブレーキなしで走れる長い下り道。信号なんてなし。
クリックすると拡大写真見られます。

各種牛、馬、ポニー、羊・・青い空・・
とうもろこし、牧草畑、野菜畑(インゲン、にんじん、ジャガイモ、ブロッコリー、湖、大きな木、白樺、森、花、花、花・・・

中世の貴族屋敷が奧にたたずむ森の中を通り抜ける道も素敵
映画のシーンを見ているよう

d0002642_150866.jpgルート判断には現地地図は必携。道を教えてもらうときに地図を見せれば理解が早い。
PBPキューシートはフランス語なので今回のツーリングではとても役に立った。

d0002642_1548511.jpg

ヨーロッパの町を走るにはロータリーの走り方ルールを覚えること。
理解すれば信号の無いロータリー通行は快適。
d0002642_1511093.jpg

こんな街をたくさん通り過ぎる

d0002642_1522443.jpg

こんなたのしいパン屋さんの店先でランチ バケットとクロワッサンとエクレア
d0002642_1523954.jpg

街の中央にあるこんな噴水のロータリーでもランチ。近くのスーパーで牛乳とりんごとサンドイッチを購入
d0002642_22275383.jpg
これは午後のティータイム・・PBPのときとは違ってすっかりリラックスモードのもっちゃん。

d0002642_153574.jpg

あまりにもきれいなのでパチリ!通り過ぎることはできません。
d0002642_1532585.jpg

PBPのルートはブルタニア地方を走る。ここの名物はそば粉のクレープ。でも走っていてもそば畑が見つからない・・、ついに発見、そばの花が斜面いっぱいに咲いている。もうすぐ刈り取りだろう。赤いのはケシの花。

花の時期が過ぎてしまったが、ひまわり畑もたくさんあります。刈り取られた菜の花畑もあり。麦畑も・・。花の季節に広大な畑を見てみたいものだ。ジャガイモ堀の大規模なこと・・・
なんでも珍しいKazu@Mです。
d0002642_1534381.jpg

田舎の50ユーロくらいで泊まれるホテルでも、朝食はこんなおしゃれな豪華な食堂で。
d0002642_16134138.jpg

そうそう、入口にこんな看板がある町は美しい街の称号を国?から与えられているらしい。三花マークの街
街の中は手入れされた花で美しい。
[PR]
# by w-moto | 2007-09-09 14:57 | 2007PBPレポート

宿とルート

コースはモッシャンミッシェルへ寄るために外れた以外はPBPコースをトレース。
ブレストの宿はTGVのチケットを購入するときに予約した。他のホテルは街へついてから探した。
どの宿も清潔で、英語でOK、頼む前に自転車の安全な保管場所を確保してくれた。
静かで快適に過ごせた。

今回の旅で一番困ったことはユーローの高騰!
何をするにも、買うにも、高いな・・と思いながらのツーリングだった。
だんだんとスーパーやパン屋さんの開店時間に気をつけるようにして、節約ツーリングを心がけた。値段が高いこと以外は寝食共に困ることは無く、楽しいツーリングだった。

d0002642_11365463.jpg26日(日)
サポートパックで最終日に泊まったパリのホテルにもう1泊。空港へバスで出発する仲間を見送ってから自転車をシンプルな輪行袋に入れなおす。もちろん整備も。
4星ホテル宿泊代110ユーロ(2名で) 朝食代1名19ユーロ


d0002642_11375761.jpg27日
TGVでパリ出発、ブレスト泊

28日8時ツーリング開始・・・
2星ホテル宿泊代64ユーロ(2名で)朝食代1名7ユーロ

d0002642_115323100.jpg・ルディアック着18時30分 
走行距離165㎞

29日 
8時半ツーリングスタート
PBPルートを外れて北上。
ルディアックの宿 2星ホテル58ユーロ(2名で)朝食1名8ユーロ

d0002642_11534391.jpgモンシャンミッシェル18時半着
走行距離150㎞

30日
モンシャンミッシェル観光後
10時15分ツーリングスタート
PBPコース復帰を目指し南東へ進む
2星ホテル51ユーロ(2名で)朝食代1名7.2ユーロ

d0002642_1154334.jpgビランズ17時半着 
走行距離130キロメートル 

31日
9時ツーリングスタート
牛小屋を改造したような無星ホテル 49ユーロ(2名で) 朝食代1名6.8ユーロ

d0002642_11563584.jpgドリュー着18時45分 
走行距離155㎞

10月1日 
ドリューの街観光後10時半ツーリングスタート
宿の窓からの夜景です。無星ホテル宿泊料51.8ユーロ朝食代1名7ユーロ

d0002642_11565816.jpgサンカンタン着15時20分
走行距離67㎞

10月2日 
9時30分スタート
サンカンタンの宿 週末ディスカウン価格でラッキー 2星ホテル50ユーロ 朝食1名8ユーロ

d0002642_11571859.jpgパリ着11時
出発前の同ホテルに宿泊。
不要な荷物はここに全部預けた。
走行距離22㎞ 


総走行距離689キロメートル
毎日天候に恵まれて心から自転車ツーリングの楽しさを味わった。
4つ星ホテル ハイシーズンと言われこの日の宿泊代は高かった170ユーロ

それでも12時過ぎにチェックインできたので、2台の自転車をパッキングしなければならない私たちにはラッキー。部屋で昼食を食べながらパッキング。夕食は近くのチャイニーズレストラン。夜はシャンゼリゼへ見学散歩(だけ)
3日、空港へはタクシーで、50ユーロ。
============================
泊まってみたかった宿
d0002642_11573654.jpg
民家がしているB&B(フランスにもあるんですね)
普通はB&Bと書いてない。
本当の名前は 「CHAMBRES D HOTE」らしい。
今回はちょうど私たちが宿を探す時間には見当たらなかったので、次のチャンスにはぜひ泊まってみたい。
[PR]
# by w-moto | 2007-09-09 11:58 | 2007PBPレポート
「二人三脚でパリブルベ」完結を目指してブレストからパリへツーリング開始
いいとこだけいただき!ですみません。

kazu@が600kを失敗、SRを取れないのでサポートしてフランスへ行くことにしました。
さて、Kazu@の自転車をフランスへ持っていくかどうか相談しているときに、もっちゃんが、

二人の自転車を持っていこう、PBPを終えた後二人でPBPコースパリからブレストを片道だけ走ろう。そうしないと二人三脚でパリブルベが完結しない・・と言い出しました。
え!もっちゃんPBP1200キロの後又600走れる?
大丈夫さ、休息日を入れれば。
150キロずつ走って4日くらいで完走しよう。夜はちゃんとホテルへ泊まって。
で、決定。
飛行機のチケットも1週間滞在期間を延ばし、海外保険も入りなおし・・

そして、PBP終了後8月27日
二人だけのBPはスタートしました。

d0002642_15513060.jpg8月27日ブレスト駅
最初の予定パリブレストツーリングを逆にしてブレスト→パリへ変更。最初にパリからブレストまではフランス新幹線TGVで輪行することにした。
こうすれば、アクシデントがあってもパリが近い!
これは正解だった。列車は思っていたより人気があり満席だった。パリで前日ブレスト行きのチケットを購入したが午前発のチケットは売り切れて買えなかった。
ブレスト→パリ間のチケットをツーリング後ブレストで手に入れるのは難しかったかも。

d0002642_15552726.jpg

   古くて新しい街ブレスト、海岸線には要塞が。
d0002642_1554554.jpg

    8月28日ホテルスタート
d0002642_15555615.jpg

まずはブレストPCを探す。→マークがはずされているのでルートハンティングは難しいがキューシートを頼りに・・・たどりつく。
ここが汗と涙と感動の折り返し地点。
もっちゃんは感無量・・・
[PR]
# by w-moto | 2007-09-08 16:17 | 2007PBPレポート
d0002642_21314028.jpg
トラックの周りを埋め尽くす90時間グループの列(写真をクリックすると大勢の参加者にびっくりします)

今回は他力本願妻を伴って走らないのでPBPの走りと結果はすべて自分の力を表す。日本を出発するときに走りのイメージはできている。準備もした。ただ長距離練習が少なかった・・
d0002642_223444100.jpg
最終から2番目のグループで20日、22時50分のスタート。雨・・・
___________________________________
そして
d0002642_21203339.jpg

24日午前6時27分ゴール
パリ在住の友人夫妻も暗いうちからゴールで待っていてくれ、持参してくれたシャンペンをかけて祝ってくれた。
そして、それを飲み干したときの幸福と感謝。
最後はパンクに苦しめられながらも達成したかったタイム80時間以内(自分なりの目標です)をどうにか切れて安堵と満足。参加してほんとに良かった。
____________________________________
d0002642_21221145.jpg

PCルディアックでの睡眠場所になったKazu@持参のテント。
最初はサポートバスの隣に張る予定だったが、サポートバスが遠いので日本人への目印を兼ねてここへ移動した。
1回目に3時間、2回目は4時間ここで睡眠を取った。
睡眠は他にはブレストへいく途中眠くなり、道路脇の大きな木の下で30分ほど寝た。


d0002642_21225323.jpg

さあ、ルディアックからゴールを目指す。23日3時出発。
24時間でゴールを目標にしたが・・・、ゴールへの道は長かった・・。

d0002642_21235148.jpg


出発前のディナーで食べたチキンwithマカロニがおいしくて食べやすかったので、各PCでこの献立をよく食べた。日本から持参の行動食はパワーバーくらい。各PCの食堂で温かい食事を食べるようにした。走っている間の主の補給食はクロワッサン。そうそう持参の文明堂のカステラはおいしかった。
ちゃんと食べて、寝て・・・・PBP攻略にはこれが大切・・
*************************************************
PBPを走り終えて・・
d0002642_10153358.jpg息子さんを交通事故で亡くし、交通事故撲滅に取り組んでいるフランス人お母さん作成のステッカーを貼ってはしりました。
装備はこんな感じで運んだ。雨模様の天候だったので完全防水のこのバックは安心でしたし、中のものは全く濡れませんでした。
ルディアックからゴールまではバックはひとつにして軽くしました。


・PBPのコースは大きな峠があるわけではなく、日本人にはむしろ穏やかなコースに感じられるはず。
信号はほとんどなく、道も広く、車も少なく、参加者への現地スタッフの応援体制はきめこまかい。地元の人の暖かい声援も嬉しい。アウトドアースポーツとしては危険難度も低い。
しかし、1200キロメートルを90時間以内で連続して走るということは、半端な気持ちでできることではない。
1200キロメートルを一人で走りとおそうというしっかりとした意思と自信をつけて参加すべきだろう。
そうすれば他の国の人と一緒に走れる楽しさも得られる。
走力はもちろん必須だが、精神力、知性、愛・・・人間としての総合力が必要なのでは。
具体的には
1200キロメートル(90時間)を走り続ける自分なりの目的(目標)をもつこと・・
それがはっきりすれば、PBPへ向けて自分のすべきことが見えてくるのでは。
安い参加費(参加費は安いです)でフランスの街を心ゆくまで走らせてくれる現地の人々の気持ちにこたえるためにもさわやかな走りを目指したい。

PBP終了後、ブレストからパリへツーリングしていてある街の広場で昼食中、突然握手を求めてくる現地人がいた。彼もPBPへ参加したのだそうだ。
世界中のサイクリストと一緒に走り、思い出を共有できたということはすばらしいこと。

反省
・パンク・・ゴールを目前に何度もパンク。
最初のパンクのときの空気圧が不足だったと思う。疲れているので空気を入れるのも億劫でアバウトな空気圧でスタートしてしまったのが次のリム打ち呼んだ。
・尻痛・・・最初の400km.で尻痛が出てしまった。それは今までには無いことだった。今年度は長距離の走りが足らなかった。尻痛には原因がいろいろあるだろうが、一番の原因は走り込み不足。
[PR]
# by w-moto | 2007-09-07 22:25 | 2007PBPレポート